リード管理って何?獲得だけでなく育成と絞り込みが重要!

B2B企業にとって大切な、Webマーケティング活動のリード管理の考え方から、管理体制構築のポイントについてまとめてみました。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

営業やマーケティング部門でのDX化にともなって、自社のリード管理や運用の体制も見直したいというニーズが最近増えてきているように思います。

特にB2B企業の場合、今まで対面営業による名刺交換や、展示会出展によってリード獲得・管理してきたスタイルから一変し、Web広告出稿やSNSマーケティングによるリード獲得・管理の流れに大幅にシフトしている企業は多いのではないでしょうか。

自社のWebマーケティング活動を進める上で欠かせないリード管理について、必要な考え方の解説から、リード管理の体制構築のポイントについてまとめてみました。

自社のリード管理の見直しについて迷っている担当者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

リードとは?

まず、言葉の定義から。リードとは、自社の商品やサービスについて興味や関心をもっている、「見込み客」のことを指します。

続きを読む

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インプレッション
ネット広告における、「広告が表示された回数」を意味する。 広告表示に関する ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]