UGCとは?ユーザーの購買意向アップやCVRの向上にUGCを活用する方法

インスタグラム上でUGCを醸成し、自社のマーケティング活動に取り入れている丸石織物さんへのインタビューを交えながら、「UGCとは?」という基本的な解説から、UGCをマーケティング活動に取り入れる具体的な方法までをご紹介していきます。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。
AdobeStock_389269584.jpeg
 

UGCとは?ユーザーの購買意向アップやCVRの向上にUGCを活用する方法

近年のスマートフォン・SNSの普及により、日々大量のデジタル情報にさらされている消費者は、常に「自分にとって必要か、本当に信頼すべきか」という判断に迫られています。企業の情報・一般ユーザーの情報・広告など様々な情報がある中で、「煩わしく、信頼度の低い情報」と倦厭されがちなのが広告であるのに対し、信頼度の高いと判断されているのが、ユーザー生成コンテンツ(UGC)です。

コロナ禍で外出がままならず、オンラインで情報収集することも増えた今、オンライン上に公開されているUGCを資産と捉え、さらに拡充しようとする企業の動きが高まっています。

今回は、インスタグラム上でUGCを醸成し、自社のマーケティング活動に取り入れている丸石織物さんへのインタビューを交えながら、「UGCとは?」という基本的な解説から、UGCをマーケティング活動に取り入れる具体的な方法までをご紹介していきます。

<詳細はこちら>

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]