10年教えて分かった、LPデザインで失敗しないための4つの方法と迷ったときの参考サイト

運用歴10年のプロが、初めて LP を作る方へ、成果を上げるデザインの基本について解説します。LP 作成の際に失敗する確率を下げる4つの方法と成果をあげるのに必要な5つの基本、最後に参考サイトをまとめました。作って終わりではなく、ターゲット視点でみることが大切です。良いコンテンツを良いデザインで表現することが、コンバージョン率の良化に繋がります。まずは基本を参考に作成してみてください!
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Web 業界ではランディングページ(以降、LP)を、コンバージョン(問い合わせ、資料請求など)の獲得を目的とした縦長の1枚ページという認識を持った方が多い印象です。

LP が縦長の1枚ページで完結するか、サイト形式(トップページから複数ページにリンクがある構造のページ)にするかは、LP で伝える情報によります。そのため、LP を作るときの必須条件にする必要はありません。

良い LP を作りたいと思うのは、その先にある最終目的がコンバージョン獲得のためでしょう。そして、LP 作成時に悩みの種になるのが LP のデザインです。

LP のデザインは大きく成果に影響するので、コンバージョン目的に LP を作るときは「デザインの基本」を学ぶことが重要です。

この記事では、はじめて LP を作る方を対象に、成果を上げるデザインの基本についてお伝えします。

目次

初めての LP 制作で失敗する確率を下げる4つの方法

何事も初めてだと失敗することは多いですよね。そんな中、LP 作成の際に失敗する確率を下げる方法は4つあります。

記事の続きはこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]