SNSにSEO効果はあるのか【サイテーションとソーシャルシグナル】

近年SEO対策はますます重要視されており、真剣に取り組む企業が増加しています。それに合わせて企業のSNS活用も活発になり、BtoBビジネスでのSNS利用にも注目が集まっています。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

今回「Grab]では、SNSとSEOの関係と相乗効果を生むための活用方法をピックアップして紹介しております。

まず、株式会社ベーシックが行った「新型コロナウイルスの感染拡大によるWebマーケティング活動の変化」という調査結果を紹介いたします。

アフターコロナに力を入れていきたい施策を見ていくと「コンテンツマーケティング全般」があがっています。

コロナにより企業はダメージを受けているため、Webマーケティング全体の流れとして広告費を削減しようという動きになっています。

広告に頼らうに顧客を集めるには、企業から積極的に顧客と関わりながらリードを獲得していく「コンテンツマーケティング」が有効とされているため、コンテンツマーケティングに取り組む企業が多くなっているのです。

コンテンツマーケティングをより盛り上げていくために、取り組む企業が増加しているのが「SNSの運営」です。SNSとオウンドメディアを組み合わせて運用し、相乗効果を生んでくれるのが理想のかたちです。

SEO業界では昔から話題になることのひとつに「SNSの投稿はSEO効果があるのか」というものがあります。

今回はその効果について紹介いたします。

続きは「Grab」で…>>SNSにSEO効果はあるのか【サイテーションとソーシャルシグナル】

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]