受注につながるオンライン商談のコツ・準備から商談後のフォローまで

受注につながるオンライン商談のコツを10のポイントにまとめてみました。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

AdobeStock_347799209.jpeg

受注につながるオンライン商談のコツ・準備から商談後のフォローまで

新型コロナウィルスの影響によって、客先に訪問する形でのリアル商談が難しくなり、インターネットを活用したリモートでの「オンライン商談」にシフトする企業が増えています。

「オンライン商談」とは、Web会議システムなどを通じて商談する、非対面の商談手法です。営業担当者にとっては、自宅からリモートワークで商談を行うことも可能になり、効率の良い営業活動が可能となりました。

私たちディレクターバンクも、今年の春からすべての商談をオンライン商談に完全移行し、6ヶ月が経過しました。

今回は、そんなオンライン商談を、これから始めたい、またはすでにテスト的に実施しているのだけど、本格的に展開したいといった方を対象に、受注につながるオンライン商談のコツを10のポイントにまとめてみました。

 

続きを見る

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

バイラル
話題や概念が、ウイルス(virus)のように、徐々に多くの人に広まっていく様子を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]