Googleショッピング広告とは?成功事例とフィード作成方法&運用で守りたい4つのポイント

Google ショッピング広告とは、EC サイトや実店舗で在庫のある商品の広告掲載することで、サイトのアクセスや実店舗への来店を増やし、売上を伸ばすことを目的とした広告メニューです。画像や価格、色やサイズなどのバリエーションを広告の時点で表示させられるのでより購買意欲の高いユーザーを集めることができます! EC サイトで、安定した売上を上げるために検討してみてはいかがでしょうか。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

EC サイトの市場は年々延びており、その傾向は今後も続くことが予想されます。そんな中でEC サイトを簡単に始められるサービスの広がりもあり、ECサイトの数はどんどん増えています。

競合がどんどん増えているなか、EC サイトの売上が思うように伸びないと課題に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回の記事ではそんな課題を解決する糸口になるかもしれないショッピング広告を、設定方法から配信時の注意まで詳細にご紹介します。

ショッピング広告とは

ショッピング広告は小売店のために用意された Google 広告のメニューです。EC サイトや実店舗で在庫のある商品の広告掲載することで、サイトのアクセスや実店舗への来店を増やし、売上を伸ばすことを目的としています。

ユーザーの検索に対して広告配信される点は検索広告と同じですが、テキストだけではなく画像や価格、色やサイズなどのバリエーションを広告の時点で表示させることができます。そのため、より購買意欲の高いユーザーを集めることができます。

ショッピング広告におすすめの商材

ショッピング広告は EC サイトのための媒体です。そのため EC サイトであればどのようなサイトにもおすすめできます。その中でも特に、検討期間の短い商品は購入確率も高いので、ぜひ配信してみましょう。

しかし、下記のような商品は広告掲載することができません。

  • 偽造品
  • 危険度が高い商品(違法ドラッグ、武器、花火、タバコなど)
  • 不正行為を可能にする商品(ハッキング ソフトウェアやハッキングの手順、偽造文書など)

また下記のような商品は配信に制限がかかる可能性があります。

  • 成人向けコンテンツ(成人向け雑誌などアダルトな商品)
  • アルコール飲料
  • ギャンブル関連のコンテンツ
  • ヘルスケア関連のコンテンツ(市販薬、サプリメントなど)
  • 政治に関するコンテンツ

参考:ショッピング広告のポリシー |Google Merchant Center ヘルプ

ショッピング広告のメリットとデメリット

前述のとおりショッピング広告は検索広告やディスプレイ広告と同じ Google 広告の仲間ですが、それらとは異なる特性があります。メリットとデメリットという形で理解をしてから配信準備をしていきましょう。

記事の続きはこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]