新規顧客獲得につながる考え方のフレームワーク

新規顧客獲得につながる考え方のフレームワーク
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

「既存顧客のロイヤリティを高めることが最も大切だ」

こんなことを言う人やマーケティングのコンサルティング会社が多いことは皆さんもご存知のことだろう。大手CRMベンダーもこの「既存顧客を大切にすべき」という言葉をまるで業界の常識のように語ることでCRM製品を販売し続けている。しかし、どうだろう?本当に既存顧客を大切にして売上は上がったのだろうか?また、言い方を変えれば、増加した売上の多くは、既存顧客からの売上だったのだろうか?私の知る限り、売上を大きく伸ばした企業ほど、既存顧客からの売上ではなく新規顧客から売上を大きく伸ばしたことで成長している。逆に、売上が減少した企業ほど、新規顧客からの売上を大きく落としている傾向がある。

続きはこちらからご覧いただけます。「新規顧客獲得につながる考え方のフレームワーク」

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

サイト年齢
そのWebサイトが開設されてから、またはドメイン名が登録されてから、どれだけ時間 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]