ロイヤリティマーケティングがアクセンチュアと協業、マーケティングの高度化を推進

子会社再編で立ち上げるビヨンド・ザ・データに知見やノウハウを組み込んで包括提供
よろしければこちらもご覧ください

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するポイント・マーケティング事業のロイヤリティマーケティング(LM)は、総合コンサルティング会社のアクセンチュアと協業することで合意した、と12月19日発表した。データを生かしたマーケティングの高度化推進を目的にする。データ主導の戦略立案や実行を進めていく。

LMが持つ9000万以上のID基盤と、アクセンチュアのコンサルティングノウハウ、アナリティクスやAI(人工知能)の知識を組み合わせる。LMが子会社再編で2020年1月に立ち上げる会社、ビヨンド・ザ・データ(BTD)に知見やノウハウを組み込み、分析だけでなくデータ活用コンサルティングまで包括的に提供する体制を強化する。



LMとアクセンチュアの協業は、顧客ニーズの特定につながるインサイト(深層心理)の抽出、顧客エンゲージメント(関係・信頼性)維持のための分析基盤の構築なども含む。店舗やオンラインでの購買データなど各種のデータを活用する。将来は生産現場の需要予測や、販売・在庫データに基づく発注最適化なども手掛ける。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]