企業の「YouTubeチャンネル」マーケソリューション「ブランデッドチャンネル」を開始

サイバーエージェントがワンメディアと、動画企画・制作から広告運用まで一括して提供

インターネット広告事業のサイバーエージェントは、広告主企業の自社「YouTubeチャンネル」の開発から動画企画、撮影、編集、広告運用まで一括して提供するコンテンツマーケティングソリューション「ブランデッドチャンネル」の展開を始めた、と12月19日発表した。動画制作事業のワンメディアとともに実施する。

ブランデッドチャンネルによって、従来の企業ファンに加え、潜在ターゲットへのリーチ・新規獲得を目指し、ファンコミュニティの拡大を図ると同時に、コンテンツを自社資産としてストックする仕組みを形成する。企業チャンネルを開設してターゲットに向けてコンテンツを継続的に発信することで、実現につなげる。

ブランデッドチャンネルのサービスでは、サイバーエージェントとワンメディアの強みを生かし、ブランド価値を高めるコンテンツマーケティング支援を推進。ワンメディアが動画の企画・制作を手掛け、デジタルマーケティング支援の経験が豊富なサイバーエージェントがファンコミュニティ作りと広告運用を担当する。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JPRS
株式会社日本レジストリサービス(Japan Registry Services) ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]