Googleキーワードプランナーとは?意外な使い方と代替ツール完全まとめ

キーワードプランナーの基礎的なことから目的別の使い方、さらに代替ツールを紹介します。コンテンツ作成や広告配信のためのキーワードを見つけたり、キーワードごとの月間検索数を確認したりすることができるツールなので、様々な用途で使用することができます。使用できない場合も、他ツールをうまく活用すれば十分カバーが可能です。ぜひご一読いただき、キーワード調査を効率的にしていきましょう!
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

コンテンツ作成や広告配信の際に、耳にするであろうキーワードプランナー。この記事を読む方の中には名前は知っているけど、用途や詳しい使い方を知らない人もいるのではないでしょうか。

そもそもキーワードプランナーとは、Google 広告(旧 Google Adwords)内に用意されたもので、Google が持つ検索に関する膨大なデータを利用して、コンテンツ作成や広告配信のためのキーワードを見つけたり、キーワードごとの月間検索数を確認したりすることができるツールです。

たとえば、特定の語句が検索されている月の検索数の推移を確認し、コンテンツ作成に活かしたり、Google 広告を出稿する場合のキーワードごとの推奨入札単価を調査したりと様々な用途で使用することができます。

非常に多機能なツールであるため、自分の目的に沿った使い方をするには、どのような機能があるかを把握し、どういった点に注意すればよいかを知っておく必要があります。

この記事ではキーワードプランナーの基礎的なことから、目的別(広告配信とコンテンツ作成)の使い方、さらには代替ツールを紹介していきます。

初心者でも分かるキーワードプランナーの使い方を紹介

ここからは、キーワードプランナ-を使用するための登録方法や基本的な使い方を説明します。

キーワードプランナーって無料なの?

キーワードプランナーは Google 広告内のツールのひとつとして用意されており、実際に Google 広告で広告配信をするつもりがある、もしくはすでに広告配信しているユーザーへの提供を前提としたサービスと考えられます。

そのため、実際に Google 広告で広告配信をするつもりがある、もしくはすでに広告配信しているユーザーにとっては無料のツールであるといえるでしょう。

一方で、Google 広告で広告を配信するつもりはないがキーワードプランナーは使いたいという場合は、別の無料サービスの利用を検討したほうがよいかもしれません。

というのも、実際に一定以上の広告費を使用しない限り、キーワードプランナー自体は使用できても、キーワードごとの詳細な検索数が確認できない仕様となっているためです。無料の代替サービスについては記事後半にて紹介しています。

しかし、費用をかけて広告配信をしても一定の額を使用しないと、詳細なデータが見れない仕様になっているようです。2020年7月現在、1,000円ほどの広告配信をしても詳細データが見れないことを確認しています。

記事の続きはこちら

 

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

重複コンテンツ
同じドメイン名内、または他のドメイン名にわたって存在する、「内容は同じだがURL ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]