コロナ騒動による一斉メール誤送信が頻発!誤送信に有効な防止策とは?

一斉メールの誤送信を防止する方法を紹介します。
よろしければこちらもご覧ください

新型コロナウイルスの影響は、世の中に大きなインパクトを与えています。

安倍晋三首相が2020年2月29日、新型コロナウイルスの感染拡大防止措置として、「全国小中高休校」に踏み切るなど、異例な事態にも発展してきました。

企業でも、

  • 時差出勤
  • リモートワーク体制の導入
  • イベント中止

を決定する動きが出てきました。

これに伴い、イベント中止のお知らせリモートワークとする旨を主要メディアやお客様向けに一斉送信するケースが増えています。

と、共に一斉メールを誤送信した旨のニュースも目立つようになりました。

それもそのはずで、一斉送信に慣れていない企業や自治体、学校では急な対応となり、誤送信の防止策を検討できる猶予もなかったのでしょう。

誤送信を防ぐには、「起こる前に防ぐ仕組みを作っておく」が最も有効な対応策です。

今回は、一斉メールを誤送信しないために有効な手段や方法について、解説していきます。

 

■目次

  1. 新型コロナウイルスで高まった、一斉送信のニーズ
  2. メール誤送信の事例
  3. メール誤送信の種類
  4. 一斉メール誤送信を防止する方法
  5. まとめ

 

特にWEB担当者や企画担当者はイベント中止などの連絡に一斉メールを使うことがあると思います。

一斉メールには情報漏洩の危険性も潜んでいます。

今のご時世、情報漏洩には厳しく企業の信頼を大きく損なうリスクもあります。一斉メールの誤送信防止の仕組みを確立し、正しいメール配信を心がけましょう。

 

続きはこちら↓(全文無料)

コロナ騒動による一斉メール誤送信が頻発!誤送信に有効な防止策とは?

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ディレクトリ
Webの世界ではテーマごとに整理されたリンク集のこと。 本来は「電話帳」や ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]