【最適なWeb広告手法の選び方 実践ガイド】

「Web広告手法の選び方がわからない」そんな広告主の課題を解決するため定期的に開催している「Web広告手法の選び方セミナー」そのセミナー資料を公開。広告運用者はもちろん、広報、マーケティングに関わるならぜひ手に入れてください。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。
適切なWeb広告を見つけるには、「ターゲット」「目的」「広告手法の理解」という3つに分類して考える。

大阪の総合広告代理店として、Web広告を中心に年間300件以上の広告運用を行っている株式会社アイビスは「“最適” なWeb広告手法の選び方セミナー」を定期的に開催しています。
このセミナーでは、「ターゲット」「目的」「広告手法の理解」という3つの視点から、自社に最適な広告手法を見つけるメソッドを紹介しています。

【無料公開中】セミナー資料はこちら

企業のプロモーション施策として重要性を増しているWeb広告。その全体像と適切な手法を選ぶ方法を3つのメソッドで紹介するセミナーは毎回満員となる人気。

Web広告手法では運用よりもどの手法を使うかが重要です。どんなに精度の高い運用を行っても、広告商材や広告の目的にマッチしていないと成果の出しようがありません。
セミナーの中では、LPや商材は全く同じまま、広告手法を変更するだけでCPAが80%も改善した事例を紹介しました。CPAが80%改善したということは、同じ広告費で5倍ものコンバージョンが発生したということです。適切な手法を用いることはこれだけのインパクトがあります。
※CPAの改善事例について、今回公開した資料に含まれています。

Web広告の成果が上がっても売り上げが上がるとは限らない。

適切なWeb広告手法が見つかったところで、適切な予算を投下し、成果を上げ、売り上げに繋げていく必要があります。
当セミナーでは、売上目標から広告成果を予測し適切な予算を決める方法、Web広告が担う役割についても紹介しました。来場者様からは「このまま稟議が取れる」「そのまま代理店に渡せる」といった声を多くいただきました。

当セミナーの資料を、セミナーに参加できなかった方にもプレゼントしたいと思います。“広告手法の選び方”という点に特化して全67ページにわたって解説しているため、必ず自社の広告手法選びに役立ちます。

【無料公開中】セミナー資料はこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クリエイティブ
広告やデザインにおける、作品そのものや作品に使われている素材のこと、または、そう ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]