展示会/トレードショーのあれこれ。

展示会と聞くと、商品に触れてみるような気軽に行ける感覚の方も多いと思いますが、海外ではどう行われているのでしょうか。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

普段のビジネスシーンで、特に営業職や販促担当の方は、展示会/トレードショーに関わる機会が多いのではないでしょうか?
出展企業として自社ブースの展示に携わったり、新しい情報を得るために足を運ぶなど、様々な関わりがあるかと思います。
今回は、そんな各国の展示会/トレードショーのあれこれをご紹介いたします。

 

「展示会・見本市の種類」は?

皆さんはひとまとめに、展示会/見本市と理解していませんか?
実は、展示会・見本市には様々な分類があります。例えば資本財対象展示会と消費財対象展示会、その他サービスやソフトウエア対象の見本市などです。
次に、B to B なのかB to C なのかB to B & C なのかという分類もあります。
しかし、実際には展示会も見本市もごっちゃにして、使用されている様です。
あえて区分けをするならば見本市は、元々見本を展示し商売に結び付けるもの。
展示会はもう少し広い意味で使用され、商談と言うよりPR活動に近い、といった事でしょうか?

 

▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l006_201912.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセスカウンタ
特定のページに何回アクセスがあったかを計測するプログラム。無償プログラムとして配 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]