メールマーケティング成功の20のポイント|一歩進んだメルマガを届ける秘訣

一昔前に比べるとメールマーティングの注目は下がり、LINEなどチャットツールに移った印象があります。しかし、老舗大企業だけでなく有名ベンチャーなど、成功している企業は必ずといっていいほどメールマーケティングを活用しています。今回は、メルマガを成果に繋げる20のポイントを紹介します。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

LINEなどのチャットツールが普及した今でも、メールマーケティングは強力なマーケティング手段です。
今やメールマーケティングに取り組んでいない企業のほうが少ないでしょう。また、あなた自身もAmazonやZOZOTOWNなどから届くメールがきっかけで購買行動に繋がった経験があるのではないでしょうか?

しかし、日々メールマガジンを配信しているのに「いまいち効果が出ない」「そもそもメーリングリストが増えない」「コンバージョンに繋がっていない」という悩みを持っている方も多いと思います。

黎明期のメルマガはあまりにも効果的だったため、多くの企業が参入し、法的な問題に発展したことも多くありました。あまりにもメルマガを利用する企業が多かったため、ユーザーも企業のメルマガを無視するスキルを身につけてしまいました。
それを「メール」という手段に問題があるのだと考えてLINEに切り替える企業も多くありました。しかし、そうした企業の多くがLINEでも効果が出ず、結局従来通りのメルマガに戻ってくるという事例が多くあります。

事実、一昔前に効果的だったいわゆる「メルマガ」はもうほとんど効果がありません。
しかしそれは「メール」という手段に問題があったわけではありません。同じやり方でLINEに変えてもチャットボットに変えても、効果は出ないのです。

そんな中、ここ数年メールマーケティングが再び注目を集めています。
今回は、なぜここ数年でメールマーケティングが見直されたのか、その理由を紹介するとともに、メールマーケティングを成功させる20のポイントを紹介します。

幸いなことに、メールマーケティングはWebマーケティングの手法の中でもかなり古くから存在しています。
40年以上続くメールマーケティングの中で無数の企業が無数の失敗と成功を重ねてきました。
それを学ぶことで、効果的なメールマーケティングを実践することができます。

  •  ポイント①メールに書く要件は1つ
  •  ポイント②指標は配信数~コンバージョン数のファネルで考える
  •  ポイント③HTMLメールを送る
  •  ポイント④メールマーケティング企画は明確にする
  •  ポイント⑤メルマガは量(回数)が重要
  •  ポイント⑥件名の文字数は35文字まで
  •  ポイント⑦メールの差出人名を工夫する
  •  ポイント⑧配信リストの獲得方法を事前に決まる
  •  ポイント⑨メールの送信時間は非常に重要
  •  ポイント⑩文面作成は2割、思考に8割
  •  ポイント⑪件名は「4Uの原則」に従う
  •  ポイント⑫メールマーケティングの法律を学ぶ
  •  ポイント⑬フォローメールとキャンペーンメールを使い分ける
  •  ポイント⑭メーリングリストは最低2つに分ける
  •  ポイント⑮行き過ぎたパーソナライズに意味はない
  •  ポイント⑯メーリングリストはクリーニングする
  •  ポイント⑰CTAボタンはファーストビューに入れる
  •  ポイント⑱勝ちパターンはすべて記録に残す
  •  ポイント⑲Web上の行動から自動化する
  •  ポイント⑳3つのシナリオから始める

成功するメールマーケティングとは?
 

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]