「LINE」を活用したメッセージ配信ツール「KANAMETO」にチャットボット機能を追加

transcosmos online communications、追加料金不要で利用可能、有人対応件数削減
よろしければこちらもご覧ください

ITアウトソーシング事業のトランスコスモス、LINEなどが出資してLINEのコミュニケーションアプリ「LINE」関連のツールを開発・販売するtranscosmos online communicationsは、LINE活用のメッセージ配信ツールとして展開する「KANAMETO(カナメト)」にチャットボット(自動会話プログラム)機能を加えた、と6月13日発表した。

KANAMETOのチャットボット機能は追加料金不要で利用できる。同日提供を始め、機能の活用に関する企画、設計、設定、運用サービスも実施する。管理画面上で簡単にシナリオが設定でき、最大64の選択肢に分岐する。ユーザーがチャットボットで選んだ回答をオペレーターが管理画面で確認しながらチャットで対応することも可能。

 

KANAMETOは、LINEユーザーとの1対1のチャットコミュニケーションができるほか、アンケート機能があり、属性に合わせたセグメント配信も可能。料金は月額7万円(税別)。LINEによる問い合わせ窓口の設置が増加する中、ユーザー自らが容易に解決できる案件をチャットボットにすることで、有人対応件数の削減につなげられる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]