Googleアナリティクス|「コンバージョン(目標)設定」の設定方法を図解開設

コンバージョン設定、できていますか? 今回はコンバージョン設定の必要性から実際の設定例まですべて説明します。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Webサービスの利用実態調査を行っているデータサイン社によると、Googleアナリティクスを導入している企業は、上場企業で83%に上ります。

ただし、資金のある上場企業ほど有料のアクセス解析ツールを導入している割合も多く、中小企業や個人レベルでは、きちんと運営されているサイトにおいてはほぼ100%といってもいいのではないかと思います。

しかし、「Googleアナリティクスは設置しているけれどほとんど見たことがない」という声が非常に多く上がります。Googleアナリティクスを設置している企業は多くても、活用できている企業はそこまで多くないのかもしれません。

Googleアナリティクスを「よくわからない数字の羅列」「難しいくせにいまいち使えないツール」から「成果に繋がる数字、次の改善につながる数字が見えるツール」「見ていて楽しい、もっと知りたくなるツール」に変えるには、必要なデータが計測できるセッティングを行う必要があります。

それが、「コンバージョン(目標)設定」です。

「コンバージョン(目標)設定」ができていないと、一番自分が欲しいデータがそもそも存在しない、という状態になってしまいます。
今回のテーマである「コンバージョン(目標)設定」を理解すれば、さらにGoogleアナリティクスが楽しくなるでしょう。

逆にコンバージョン設定がきちんとできていたら下記画像のように「コンバージョンのどこでユーザーが離脱しているか?」を直感的に見ることもできます。

全文はWebマーケティングメディア「Grab」をご覧ください。

コンバージョン(目標)設定を行う重要性

  • コンバージョンはビジネス成果を評価する基本指標
  • コンバージョンは広告成果を予測する基本指標
  • コンバージョンは施策を最適化させる基本指標

Googleアナリティクスにおける「コンバージョン(目標)」の設定方法

  • STEP1:Googleアナリティクスで「目標」を開く
  • STEP2:目標の基本設定を行う
  • STEP3:目標の詳細を入力&コンバージョンの条件を調査
  • STEP4:設定がきちんと動いているかリアルタイムで確認

コンバージョン(目標)設定でできること

  • 目標設定の「テンプレート」の意味と使い方
  • 目標の「タイプ」の意味と使い方
  • 目標の「値」の意味と使い方
  • 目標の「目標到達プロセス」の意味と使い方
     

全文はWebマーケティングメディア「Grab」をご覧ください。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

アウトバウンドリンク
関連語 の「インバウンドリンク」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]