マーケティングの仕事は「シナジー効果」を生み出すことである。

マーケティングの仕事は「シナジー効果」を生み出すことである。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

マーケティング担当者の仕事は多岐にわたる。ある部分ではマーケティングの専門家として動かなければならない場合もある一方で、各専門家を束ね、全体の最適化も求められる場合もある。そういう意味でマーケティング担当者には様々な知見が必要とされるものだ。

特に今回はマーケティングの専門家としてではなく、各専門家を束ねる部分での役割について書きたいと思う。というのも、結局のところマーケティング戦略は実施されて初めて意味があるのであって、企画しただけでは何の意味もないからだ。いかに戦略を実施するのか?は、マーケティング担当者として絶対に必要なスキルだからだ。

ここではまず「シナジー効果」について考えたいと思う。なぜなら、マーケターは各専門家の知見を束ね「1+1=2」ではなく「1+1=3」以上を達成しなければならないからだ。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]