「なんか怪しい」機械翻訳。正確な翻訳ができる日はくるのでしょうか。

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。


いままで機械翻訳についていくつかのコラムを掲載してきました。
あらためてと言いますか、いまさら聞けないと言いますか、「機械翻訳とは何か」の疑問に戻ってみます。

「翻訳ソフト」をグーグルで検索すると、こんなものもあるのかと思うほどたくさんの商品が見つかります。
これら全てが機械翻訳にあたるものたちです。

中身を全て確かめてみることは難しそうです。
選ぶにしても見た目や評判で選ぶと失敗しそうな気配を感じる方も少なくないのでは。どれを選ぶにしても基礎的知識は必要なので、一般論にふれておきます。

そもそも機械翻訳って辞書みたいなものと考えているものが、従来型の機械翻訳で「本」=「book」という翻訳ルールに従ったもの。
しかし、日本語で本について人と話をしているとき無意識に「図書」とか「書籍」とか、出版することを「本をだす」などと言っていませんか?
あらためて考えてみると、以外と「=」では結びつかないのではないでしょうか。

 

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l005_201902.html

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クリック課金
クリックされるたびに広告費が発生するタイプの広告。インターネット広告における広告 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]