【マーケティングの基本】セグメントとターゲティングこそ消費者目線で考えよう。

【マーケティングの基本】セグメントとターゲティングこそ消費者目線で考えよう。

セグメントすればするほど売上が小さくなっていくのでは?と考える人が多い。しかし、そう考えてしまうのは、デモグラなどの数値を単純に細かく切っていくイメージが強いからだろう。しかし、現代においてデモグラデータなどでセグメンテーションとターゲティングする企業など殆どない。

以前、マルちゃん鍋用ラーメンについて記事にしたことがある。その事例では「昔ながらの中華そば」と同じ麺を「鍋用ラーメン」とすることで売上を拡大させたと書いた。この事例はセグメンテーションとターゲティングを見直した事例でもある。

続きはこちらからご覧いただけます。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

HCD
「Human-Centred Design」(人間中心設計)の略称。機械やシステ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]