よろしければこちらもご覧ください

 


現在は第3次AIブームと呼ばれ、さまざまなAIを使ったサービスが登場しています。実験的なレベルでは、AIにデザインをさせる、絵を書かせる、音楽を作らせる、サイトを作らせる、というようなことも行われていますが、まだ企業サイトにそのまま利用出来るような段階ではありません。ただその中でも、サイトにAI組み込むという利用方法が、実験レベルから実用レベルに移行しているものもあります。

 

そのひとつがAIを使ったチャットボットです。

 

ユーザーが欲しい情報を得るために最も使われてるのは、サイト内検索という方法ですが、AIを使い自然言語で会話ができるチャットボットが、今後サイトの構造を変えていくかもしれません。
今までよくあった普通のチャットボットでは、一問一答形式のため、欲しい答えが得られずに、使えない技術というイメージがありました。
それに比べてAIを使ったチャットボットでは、会話の分岐や文脈を継続して続けて質問を返すことができるので、ユーザーが本当に欲しい答えを絞り込んでいくことができます。また、学習させることで、一般的にユーザーが使う単語や文章などを必要な情報に紐付けることができるため、自然な会話の流れで答えを導き出すことができるようになります。

サイト管理者にとってもメリットがあり...

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w002_201806.html

 

 

▼その他記事はこちら▼

https://citrusjapan.co.jp/column/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス