BtoB・BtoC・BtoBtoCのマーケティング戦略における本質的な違いとは

法人か個人かの違いだけではない、マーケティング戦略の本質的な違いを紹介しています。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

「BtoBとBtoCのマーケティングは違う」

確かに、一般的なBtoBとBtoCのマーケティングには違いがある。例えば、BtoBとBtoCの違いで往々にして言われることは、BtoBの場合は検討期間の長さ意思決定者が多数に渡る点など。

BtoBかBtoCかBtoBtoCかを法人か個人の顧客で括り、マーケティング施策は違うと決めつけると、戦略や施策を行う上で間違いが生じる場合がある。

では、マーケティング戦略における本質的な違いは何か?

 

続きはこちら。

BtoB・BtoC・BtoBtoCのマーケティング戦略における本質的な違い

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]