米AdRollが広告プラットフォーム「AdRoll」を一新、BtoB向けツール「RollWorks」開発

従来のAdRollをBtoC向けとしてAdRollとRollWorksを統括する組織を「AdRoll Group」に
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告技術の米国AdRollは、同社が展開するリターゲティング広告プラットフォーム「AdRoll」ブランドを一新した、と2月27日発表した。新たにBtoB(企業間取引)=B2B=マーケティング向けのツール「RollWorks」を開発した。これに伴って、従来のAdRollをBtoC(企業と消費者の取引)=B2C=向けとし、AdRollとRollWorksを統括する組織を「AdRoll Group」と呼ぶ。

BtoB企業向けのデジタル広告市場の伸びが期待されることから、RollWorksを提供する。パーソナライズされたメッセージ・広告が企業の適切な人材に届けられる。RollWorksのサービスは当面米国を対象にし、日本でも準備が整い次第始める。AdRoll(新AdRoll Group)は2007年に米国サンフランシスコで創業した。日本上陸3年となる。ツールは世界で3万7000社以上が利用している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]