Supershipのアプリ広告「AppAmore」で「LINE」のゲームアプリへの動画広告が可能に

LINE Plusと協業するアプリ内動画広告プラットフォーム「Vungle」を通して配信実現

KDDIグループで広告事業のSupershipは、アプリ広告主向け広告プラットフォーム「AppAmore(アップアモーレ)」でメッセージアプリ「LINE」の各種ゲームアプリに動画広告配信できるようにした、と2月28日発表した。LINEの100%子会社でゲームアプリ提供やLINE事業の海外展開などを行うLINE Plusとモバイル動画広告サービスで協業するアプリ内動画広告プラットフォーム「Vungle」との接続によって可能になった。

Vungleは米国を本拠にするVungleが提供している。AppAmoreはVungleと日本で初めてパートナーシップを締結した。AppAmoreのプラットフォームを利用しているアプリ広告主は、LINE PlusがLINEブランドで展開するゲームアプリに対し、Vungleのプラットフォームを通して動画広告が配信できる。LINEゲームのユーザーを対象に効率的な新規インストールの獲得や、既存ユーザーとの安定した関係の維持につなげられる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

MSNbot
関連語 の「ロボット」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]