「ScaleOut DSP」が「IdentityLink」と接続、Cookieに依存しない広告配信に

LiveRamp Japanが発表、Supership「ScaleOut」は「IdentityLink」と連携した国内初のDSPに
よろしければこちらもご覧ください

データ接続プラットフォーム事業のLiveRamp Japanは、プライバシーを尊重した人ベース識別子の「LiveRamp IdentityLink」と連携する日本で初めてのDSP(広告主向け広告配信プラットフォーム)に、KDDIグループでデジタル広告事業のSupershipが運営する「ScaleOut(スケールアウト) DSP」がなった、と6月18日に発表した。

ScaleOut DSPを利用する広告主は、WebサイトやアプリではIdentityLinkでシームレスにターゲットする。運用型広告はこれまでユーザー情報を記録・保存する「Cookie(クッキー)」を活用したが、自社やパートナー企業以外の第三者が提供する「3rdパーティCookie」は世界的なプライバシー規制強化とブラウザの使用制限で対応を迫られていた。

3rdパーティCookieに依存しない広告配信でIdentityLinkは、信頼できる共通IDとして広告主や媒体社の有力な選択肢に。国内最大級のDSPとしてSupershipは、IdentityLinkの普及を促進し、LiveRampは朝日新聞社や、fluctが運営する「fluct SSP(媒体社向け広告配信プラットフォーム)」など媒体側とのパートナーシップも確立していく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

リンク
WWW上でページとページをつなぐ仕組みで、元は「ハイパーリンク(hyperlin ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]