アプリ内のデータを活用したリテンション広告配信サービスをニフティとSupershipが開始

最終起動日時・インストール経路などの利用者行動や性別など属性に基づいて広告配信可能
よろしければこちらもご覧ください

インターネットサービス事業のニフティは、スマートフォンアプリ向けプロモーションで広告・プラットフォーム事業のSupershipと連携し、アプリ内データを活用したリテンション(保持)広告配信サービスを12月3日に始めた、と同日発表した。広告主は新規アプリ利用者の拡大に加え、既存ユーザーに対して効率的に継続利用を促すことができ、収益機会の拡大が見込める。リテンション広告は既存顧客との関係を維持するための広告を意味する。

リテンション広告配信サービスで広告主は、スマートフォンアプリ開発に特化したニフティのクラウドサービス「ニフティクラウド mobile backend」のサーバーに蓄積されたアプリ内データを活用。SupershipのDSP(デマンドサイドプラットフォーム)「ScaleOut DSP」を通じ、最終起動日時やインストール経路などの利用者行動や、性別などの属性に基づいて広告配信できる。活用データは広告配信アプリ内に限り、個人を特定する情報は含まない。

ニフティ
http://www.nifty.co.jp/

ニフティクラウド mobile backend
http://mb.cloud.nifty.com/

Supership
http://supership.jp/

ScaleOut DSP
http://www.scaleout.jp/scaleout-ad-platform/dsp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]