パイプドビッツの情報管理「スパイラル」とのれんのパッケージ型CMS「NOREN」が連携

ソリューションの提供を開始、CMSの利便性を生かしながら安全な会員サイト運用実現

情報資産プラットフォームソリューションのパイプドビッツと、ウェブサイト関連ソフトののれんは、パイプドビッツの情報資産管理プラットフォーム「スパイラル」と、のれんのパッケージ型CMS(コンテンツ管理システム)「NOREN Content Server」を連携させたソリューションの提供を6月13日に始めた、と同日発表した。ログイン認証に必要な会員情報はスパイラル、各種のウェブコンテンツはNORENで管理し、CMSの利便性を生かしながら安全な会員サイトの運用を実現する。

CMSで構築したウェブサイトのぜい弱性を狙った攻撃によるサイト改ざんや情報漏えいを防止する。会員情報はスパイラルで安定性を保ちながら安全に管理し、特定のページの閲覧をログイン済みのユーザーだけに制限したり、ログイン認証後も会員別に許可したページのみを表示させたりできる。会員サイト内でのキャンペーンやイベントの申し込み時に登録済みの会員情報を表示し、再入力の手間を省く。会員ごとの申し込み回数取得でアクティブ会員の判別にも利用可能になる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UDRP
ICANNが1999年に採択した、ドメイン名の所有者と商標登録者との間の紛争を処 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]