パイプドビッツが情報資産プラットフォーム「スパイラル」で「機械学習エンジン」提供

データを効率分析、高精度のメール配信リスト生成や高成約率の顧客リストアップが可能
よろしければこちらもご覧ください

情報資産プラットフォーム・広告事業のパイプドビッツは、同社の情報資産プラットフォーム「スパイラル」で「機械学習エンジン」オプションのβ版の提供を2月27日に始めた、と同日発表した。スパイラルに蓄積される大量のデータを効率的に正確に分析する。過去の顧客反応を基にした反応率の予測から精度の高いメール配信リストを生成したり、問い合わせ履歴から成約率の高い顧客をリストアップしたりできる。

機械学習エンジンオプションはデータの前処理を自動化し、分析前の準備とプログラミングの手間を省き、専門知識がなくても複雑なデータ分析を可能にする。複数のモデルの中から最適な予測モデルを自動選定。経験や勘に頼ることなく高精度に予測できる。高精度のメール配信リストで効率的な配信を実現して顧客満足度を高め、成約率の予測によって高い顧客から優先的に対応して業務効率の向上につなげられる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]