紙媒体の制作/印刷における事故を防ぐには?〜vol.1〜

紙媒体の制作現場において、最も頭を悩ませるトラブル。それはミスプリントによる刷り直し、いわゆる「印刷事故」ではないでしょうか。こうした事故は、制作元だけでなく、クライアントや担当代理店、果てはエンドユーザーにまで信頼やコスト損失の影響を及ぼしてしまいます。

もちろん、ミスを起こさないための体制づくりや注意喚起の継続は重要です。しかし、DTPの黎明期以降、ワークツールやフローのデジタル化が進んだ今日においてもなお、同じようなミスが繰り返される現状に、正直手詰まりを感じている方も多いはずです。そんな時は、少し視点を変えてみてはいかがでしょうか?

ヒューマンエラー=起きるべくして発生した「仕方のないこと」として諦めるまえに、なにか有効な施策があるのでは?このシリーズでは、事故防止への取り組みについて考察していきたいと思います。
 

社内チェック〜事前のコミュニケーションが大切〜

誤表記は、単純に人員やチェック時間を増やしただけでは見つかりません。事例を挙げてみましょう。

DTPの制作では、過去のデータを流用して更新作業することが多くあります。
Aさんは作業者Bさんに「前回データを流用して修正してください」と指示をし、できあがったデータを入稿しました。ところが後日、刷り上がりの一部にテキストの表記ミスが発見されてしまったのです。
 

データは前回の流用だからテキストは校正する必要がなかった筈なのに……何故?

 

実はBさん

▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l002_201712.html

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]