外国人に向けたUI設計について~〇は×を意味する!?記号が持つ意味の違い~

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

外国人向けのWebサイト制作時には意外な落とし穴があるものです。
例えば、「記号がもつ意味の違い」もその一つ。日本人が一般的だと思って知らずに使ってしまうと、実は全く逆の意味になり、機会損失の原因にもなりかねない事があるのです。
 

代表的で分かりやすい例を上げると「」。
日本では「正解」だったり「可能」を表すもので当然良い意味として捉えられると思います。
ところが海外では逆の意味として捉えられることの方が多いとか・・・

例えばゲーム機のコントローラーのUI。
日本では「○」が「決定」で「×」が「キャンセル」ですが、海外の地域によっては逆に「○」が「キャンセル」で「×」が「決定」になることがあるそうです。これは「○」は「オフ」を意味し、一般的にはempty(空白)や否定的な状況を示すことが多く、電気機器などでは電源スイッチに「オン」の位置を示す縦棒「|」と「オフ」の位置を示す○がよく使用されることなどからきていると思われます。また「×」は強い否定の意味のほか、「close」という意味を持つといいます。

社内の外国人スタッフに聞いたところ、学校でのテストにおいても正解は「✓」、間違えた箇所に「○」がされるそうです。こうした体験からも「○」に対する印象は日本人のものとは異なるものになります。

 

 

では、実際のWebサイトの中ではどうでしょうか。

 

▼詳細はこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w004_201710.html

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JavaScript
主にWebブラウザ上で動作するスクリプト言語(プログラミング言語)。 We ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]