日本語サイトではOKでも英語サイトではNGな見出しとは

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

日本語のWebサイトでも、見出しやボタンなどで英単語がよく使われます。
一般的に使われていて、ついつい気軽に使ってしまう英単語でも、本来の意味と違う使い方をしているケースも多く、そのまま英語サイトに使ってしまうと英語圏の人にとって分かりにくいサイトになってしまう場合があるので注意が必要です。

いくつか例をあげてみましたの で、参考にしてみてください。

 ----------------------------

①Home

1

WebサイトのHomepageへのリンクや、パンくずのルートとして使われます。
「Home」という単語は英語圏のサイトでは一般的ですが、最近の傾向としてはヘッダー左上のロゴがその役割になって、「Home」という表記自体は無くなる傾向にあります。

 ----------------------------

 ② Page top

2

ページ上部に遷移するために設置するボタン名称ですが、こちらもそのまま英語サイトに使用しても問題ありませんが、「Top」だけでも十分です。

 ----------------------------

 ③ ←Back Next→

3

前後の記事に移動するボタンで使いますがそのまま英語サイトで使っても問題はありません。
英語圏のサイトでは、「previous(前)」を略した「←Prev Next→」という表現もよく使われます。

 ----------------------------

 ④ News

4

最新ニュースのカテゴリタイトルとして良く使われます。
たまに、古い記事しかないので「News」じゃない表現にして、などという依頼もありますが、英語では新しくても古くても「News」ですので、日本的な「新しい記事=News」という感覚には注意が必要です。

 ----------------------------

 ⑤ Topics

5

ニュースではない「お知らせ」的なタイトルでよく使われますが、本来の意味は「話題」ですので、タイトルとしては曖昧で、そこに何か入るのか分からないという印象を持たれますの。英語サイトでは吟味して使う必要があります。

 ----------------------------

 ⑥ Information

6

サイトの更新情報などの見出しとしてよく使いますが、本来の意味は「情報」で範囲が広すぎて、何のインフォメーションなのか分からないという印象になります。サイトの停止情報など注意喚起が必要な場合は「Notice」などの方が明確です。

----------------------------

⑦ Feature

7

最近、特集記事などでよく見るようになってきましたが、英語で使う場合には「Feature story(stories)」や「Feature articles」など注目させたい「何か」を合わせて使った方が明確で分かりやすい表現になります。

---------------------------- 

⑧ Campaign

8

企業が発信するキャンペーン情報の見出しとして日本語のサイトでは良く使われますが、この見出しは要注意です。
英語圏の感覚では、ビジネス・マーケティング用語の印象なのでユーザーにとってはそこに何かあるのかイメージしにくい言葉です。
「discount」「sale」「limited time offer」など、ユーザーがメリットを感じるタイトルにする事が重要です。 

---------------------------- 

⑨ Forum

9

学術的な記事をリストした見出しに使われるケースもありますが、本来は「フォーラム(公開された討議の場)」という意味なので、実際に投稿が出来る機能を持ったコンテンツをイメージします。
単純に論文などがストックされている場合は「Archive」や「Library」の方が正しい使い方になります。

----------------------------

⑩ Coming soon

10

近日公開予定のコンテンツに使われますが、英語サイトでもそのまま使用可能です。

----------------------------

⑪ Under construction

11

インターネット創世記から、メンテナンス中のページに使われる言葉で、英語サイトで使用しても問題はありません。
ただし話し言葉としてはあまり使われないため、口語的な表現が必要な場合は「being renewed」の方をおすすめします。

 ----------------------------

 ⑫ Archive

12b

過去記事をリストしたコンテンツの見出しとして使われますが、英語サイトでも同様に使う事ができます。ボリューム感やコンテンツ内容によって「Archives」と「s」が付いたほうが適切なケースもあります。

 ----------------------------

⑬ Email

13v

メールアドレス表記として使われますが、英語圏では表示が変遷してきた単語です。
最初は「E-mail」次に「Email」そして現在は「email」と表記するケースが多いようです。

----------------------------

⑭ No image

14

画像が無い場合のインフォメーションとして使う事がありますが、手配中なのか、そもそも画像が存在しないのかで、表現も変わってきます。
ECサイトなどで「この商品には画像は存在しません。」というような意味の場合は「no photo available」の方が親切です。

 ----------------------------

参考になりましたか?
普段使い慣れている英単語でも、英語サイトで使う場合は、ネイティブにしっかり確認して使用することが重要ですね。

https://www.citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w002_201708.html

この記事が役に立ったらシェア!
tweet8はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EDI
紙の伝票で行ってきた企業間の注文情報や出荷情報などを電子化する仕組み。 こ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]