『自社でやる』か、それとも『正しくやる』か?【カスタマー・アイデンティティ市場動向】

カスタマー・アイデンティティ・マネジメントをなぜ『自分でやる』プロジェクトとすべきでないのかについて、はっきりと説明します。

 指に切り傷が出来てしまったときは、絆創膏を貼って一日を過ごすことでしょう。不幸にして足を骨折してしまったときは、病院に行ってギプスをはめてもらうのではないでしょうか。
これは、『自分で対処する』ことと『プロフェッショナルの助けを借りる』ことの例です。ビジネスにおいては、この決定がいつも簡単にできるとは限りません。

 そして、このことが、Gigya社がなぜフォレスター社の調査レポートをご紹介するのかということの理由でもあるのです。
この調査レポートにおいては、Gigya社を含めベンダー8社を評価していますが、カスタマー・アイデンティティ・マネジメントをなぜ『自分でやる』プロジェクトとすべきでないのかについて、はっきりとした説明を行っています。

この記事の続きを読む

 

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UCD
ソフトウェア/ハードウェアの制作において、エンドユーザーにとっての利便性を第一に ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]