Shopifyがエンタープライズ規模の小売企業に「Commerce Components」の提供を発表

製品を機能ごとにコンポーネント化、自由に組み合わせて既存の自社システムと統合可能

ECプラットフォームのカナダShopify(ショッピファイ)の日本法人、Shopify Japanは、同プラットフォーム「Shopify」をエンタープライズ規模(大企業)の小売業向けに提供する「Commerce Components by Shopify(コマース・コンポーネンツ・バイ・ショッピファイ)」を1月6日に発表した。玩具メーカーの米国マテルが導入する。Shopifyの1月3日(現地時間)発表の抄訳で、国内での本格的な提供は体制を整備して後日発表する。

 

Shopifyは、何百万の企業や小売業者にブランドアイデンティティや顧客との関係性、データを一括管理できる製品を提供してきた。このインフラを大企業向けに開放する。拡張性のあるインフラをコンポーネント化した機能を必要に応じて組み合わせ、API(外部と連携する技術仕様)で既存システムと統合することで、小売企業は優れたコマース体験を顧客に実現することができる。

小売企業は、テクノロジーの急速な進化と顧客の嗜好(しこう)の変化に対応するため、制限なく既存システムとの統合と革新に取り組める柔軟性と、チームの迅速な活動をサポートできる信頼性の高いコマースソリューションが必要。だが大企業向けで両方の要素を1つの製品で兼ね備えたものなかった。Commerce Components by Shopifyは、小売企業が求めるこれら2つの長所を持ち合わせた初の製品として提供する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]