異なる文化、異なる感覚 ~文化の違いに応じたローカライズ~

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

直接的、間接的コミュニケーションの嗜好は文化によって様々な傾向にわかれます。
ある文化では、衝突を避けた婉曲的な立ち振る舞いの傾向として、また、別の文化では、目的に直接的に到達する傾向として表現されます。

著名な言語学者であるデボラ・タネンは、直接性というものは「ある文化と異なる他の文化とでは、それぞれの視点の違いから大きく異なる要素として受け止められ、それは混乱や誤解の原因ともなりうる。」と語っています。異なるマーケットに向けてコンテンツを制作しようとする際、こうした文化的違いに応じたローカライズの必要性というものが浮き彫りになるのです。
 

<直接的コミュニケーションのスタイル>
直接的コミュニケーションは、アメリカ、オーストラリア、ドイツといった個人主義が重視されている文化的な多民族国家においては一般的なコミュニケーションスタイルです。
これらの国々は人種のるつぼでもあるため、あるべき想定への共通理解を人びとは共有していません。
そのため、話し手や書き手は、当然という考えを排して、誰もが理解できる方法でコミュニケーションすることを目指す必要があるのです。
直接的コミュニケーションスタイルをとる人たちの間では、

 

▼詳しくはこちら▼

https://www.citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l003_201707.html

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

アウトバウンドリンク
関連語 の「インバウンドリンク」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]