米国Figmaがデザインコラボレーション「Figma」とホワイトボード「FigJam」日本語版発売

ローカライズは日本語が初、Figmaはブレインストーミングから構築までがウェブ上で可能

デザインプラットフォーム事業のスタートアップ、米国Figma(フィグマ)は、ブラウザ上で共同編集が可能なデザインコラボレーションツール「Figma」とオンラインホワイトボードツール「FigJam(フィグジャム)」の日本語版を発売した、と7月27日発表した。日本語のウェブサイト、ヘルプセンターも公開した。ローカライズは日本語が初となる。

国内では日本法人のFigma Japanが東京のオフィスで展開する。Figmaは、優れたデザインを生み出して共有、テストし、公開するために必要となるブレインストーミングから構築までの全てのプロセスがウェブ上で可能。ツールの統合、ワークフローの簡素化、チームやタイムゾーンを超えたコラボレーションに役立ち、メンバーの考えの共有を助ける。

FigJamは、チームでアイデアを出し合ってブレインストーミングするためのオンオンラインホワイトボード。自分のアイデアを表現するとともに、アイデアをスケッチして関連付けられる。FigJamとFigmaを使うことで、アイデア出しから実行までの作業が1カ所で確認できる。Figmaは楽天、ヤフー、LINE、富士通などの日本企業が利用しているという。

デザインツールFigma日本版
ホワイトボードツール FigJam 日本版
Figma公式ウェブサイト日本語版
日本語ヘルプページ
公式グッズストア「Figma Store」日本版
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]