Webページが超速になる、Web担当者が知っておきたい「CDN」

「Webページが遅い」よくある問題ですが、CDNを使ってみると、だいたいその問題は解決出来るかもしれません。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

突然ですが、Webサイトが遅くなる原因を究明して改善することが出来ますか?

Webサイトが動いているサーバーが自社のものであったり、自社で管理しているクラウドのサーバーであればSSHでログインして究明することが出来るかもしれません。

しかし、「Webサイトを管理しているだけであって、システム担当じゃないしサーバーのことはわからない」って方も多いでしょう。

そんな方が知っておくと得をする「CDN」のお話です。

CDNって何なのか?

CDNは「Content Delivery Network」の略で、「コンテンツを配送するネットワーク」です。

コンテンツ(動画や画像などの静的ファイル)を配信することに最適化されたネットワークで、 対象のコンテンツをサーバーの代わりに配信することが出来るため、Webサイトの負荷が減り、更に表示速度が速くなるという優れもの。

イメージはこのような図になります。 画像 順番に動作を見ていきます。

  1. ユーザAがWebサイトに訪問します
  2. CDNは、対象のWebサイトを閲覧するために必要なファイルをWebサーバに取得しに行きます
  3. Webサーバから対象のファイルを取得し、CDNにキャッシュします
  4. CDNから、キャッシュしたコンテンツをユーザAに返し、ユーザAでWebサイトが表示されます
  5. ユーザBがWebサイトに訪問します
  6. CDNが既にコンテンツをキャッシュしているため、コンテンツをユーザBに返します

これだけ見ると、「CDNが存在している分、ムダな通信をしていないか?」と思いませんか?

CDNがない従来の環境だと、「2~4」がCDNが使っているので、不要に見えますよね。

しかし、「3.Webサーバから対象のファイルを取得し、CDNにキャッシュします」というところがかなり重要になってきます。

サーバーにあるコンテンツをCDNがキャッシュしたらどんないいことがあるでしょうか?

サーバーに負荷がかからなくなる

CDNがない状態でアクセスが増えると、サーバーに対して必要なコンテンツを取得する回数が多くなります。 それを、CDNが間にあると、「CDNがキャッシュしていて、CDNがコンテンツを返す」ので、サーバーに対してアクセスされることが少なくなります。

サーバーに対して負荷がかからなくなるということは、見られるページが遅くなることがないということにつながります。

CDN自体はコンテンツを配信することに特化した仕組みなので、CDNがボトルネックになることはなく、遅くなることはありません。

Webページの高速配信が可能になる

上記のサーバーに負荷がかからなくなるというところにもかかりますが、 更にCDNはコンテンツ配信用に大量のサーバーを抱えて負荷分散をしているので、 CDNがアクセスに耐えられないといったことはありません。

また、CDNのサーバは基本的に全世界に配置されていて(エッジサーバといいます)、「ユーザの一番近いロケーションにあるエッジサーバ」からキャッシュを返します。

エッジサーバー同士は同期されていて、同じコンテンツをキャッシュしています。

例えば、日本のユーザーがアメリカにあるサイトのコンテンツを見に行った際、 アメリカにあるエッジサーバーからコンテンツを返すのではなく、日本にあるエッジサーバーからコンテンツを返します。

アメリカ→日本より、日本→日本のほうが速度はもちろん早いです。

まとめ

 CDNを使うことで、世界中にあるエッジサーバーにコンテンツをキャッシュさせることで、 Webページを高速配信出来ることが分かって頂けたのではないでしょうか。

「うちのサーバーすぐに負荷が高くなって遅くなるんだけど!?」といった担当者の方、是非CDNを検討してみてはいかがでしょうか。

CDNを入れることで、サーバーの負荷が軽減されて、「サーバー担当じゃないのにサーバーを見ていた」方はサーバー管理から解放されるのではないでしょうか。

もちろん弊社でも相談を受け付けておりますので、気になったらご連絡ください!

http://beyondjapan.com

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]