Windows Server 2016 のリリース前に知っておきたい Nested Virtualization

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「Windows Server 2016 のリリース前に知っておきたい Nested Virtualization 」を公開しました。
今回は Windows Server 2016 TP4 から利用可能になった Nested virtualization をご紹介していきます。今年リリース予定の Windows Server 2016 ですが、現在 Technical Preview 4 (TP4) というプレビューバージョンが利用可能でこちら (https://www.microsoft.com/en-us/evalcenter/evaluate-windows-server-techn...) からダウンロードして利用することができます。あくまでプレビューバージョンですので、新しい機能を試すなどテスト目的で利用してください。また、このコラムで扱う情報も TP4 をベースに作成していますので正式リリース時までに変更があるかもしれません。

Nested virtualization とは?
Nested Virtualization とは文字通りの機能で、Hyper-V の仮想マシンのなかで Hyper-V を動かすことが可能になります。これまで、デモ環境や検証環境の用途でこの機能の需要があったものの利用できませんでした。しかし Windows Server 2016 からは利用可能になる予定です。このコラムでは Windows Server 2016 の新機能としてご紹介しますが、 Windows 10 のHyper-Vでも利用可能です。詳細な環境要件はこちら (https://technet.microsoft.com/en-us/library/dn765471.aspx#BKMK_nested) を確認してください。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/columns/microsoft/microsoft22.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]