マイクロソフト、Webサイトデザインツール「Expression Web」日本語版ベータの提供を開始

よろしければこちらもご覧ください

マイクロソフトは9月12日、Webサイトを制作するデザイーナ向け支援ツール「Microsoft Expression Web」日本語版ベータのダウンロード提供を開始した。同社のWebサイトからダウンロードできる。

同ソフトは、昨年のPDC 2005で発表されたWindows Presentation Foundation(WPF)を利用するためのグラフィックデザインツール「Microsoft Expression」ファミリーの1製品。これまで「Web Designer」という名前だったが、今回の発表から「Expression Web」に変更された。

「Expression Web」は、ページデザインの機能とCSS(Cascading Style Sheets)を生成する機能を備え、CSSを利用したWebサイトを効率よく制作することができる。

また「Expression Web」は、ASP.NET 2.0に対応しており、簡単なドラッグ&ドロップによりWebアプリケーションを構築することが可能。ASP.NET開発用サーバーを使用すると、Webサーバーを必要とせずに、ASP.NEPページをローカルマシンでプレビューすることができる。

必要な稼働環境は

  • Windows XP SP2/Windows Server 2003 SP1/Windows Vista
  • .NET Framework Version 2.0および.NET Framework Version 2.0 日本語Language Pack

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ディレクトリ
Webの世界ではテーマごとに整理されたリンク集のこと。 本来は「電話帳」や ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]