今年は仮想環境で対決! インストール技術を競う「インストールマニアックス3」受付開始

参加者には競技に使用したサーバーとOSを無償プレゼント
よろしければこちらもご覧ください

インプレスビジネスメディアは、OSS(Open Source Software)のインストール技術を競う大会、「インストールマニアックス3 Hyper-V祭り」の参加応募受付を11月13日に開始した。12月末の予選に向けて、12月7日まで参加者を募集する。

インストールマニアックスは、WindowsサーバーにOSSをいくつインストールできるかを競う技術者向けのコンテスト。審査を通過した参加者には、競技に使用するサーバーとOS一式、またはVPS環境(期間限定)が無償提供される。

前回大会 インストールマニアックス2009 Tetsujin64
http://www.thinkit.co.jp/maniax/2009/

第3回のテーマは「仮想化」。提供されたハードウェアとOSを使って、自らHyper-Vサーバー仮想化環境を構築しインストール技術を競う「Self Hostedコース」に加えて、Hyper-Vを使用しているレンタルサーバーによるVPS(Virtual Private Server)環境上で競う「VPSコース」の計2コースを用意。さらに今大会では、日本予選での成績優秀者がアジアの他の国の成績優秀者とアジア王者の座を懸けて決勝戦を行う。

応募期間は11月13日(金)~12月7日(月)まで。審査を通過した最大550名の参加者による予選を2009年12月26日(土)~2010年1月12日(月)にかけて行った後、2010年2月に日本予選表彰式を予定。2010年3月にはアジア王者の座をかけた決勝を行う。

成績優秀者上位3名様に、Microsoft Tech・days 2010入場券+周辺ホテル宿泊券が授与されるほか、Self Hostedコース参加者には、競技に使用するNEC製FrameサーバーExpress 5800/S70とWindows Web Server 2008 R2を無償提供する。

インストールマニアックス3 Hyper-V祭り
http://www.thinkit.co.jp/maniax/3/

  • 主催:株式会社インプレスビジネスメディア
  • 共催:マイクロソフト株式会社、日本電気株式会社、データ・ジャパン株式会社
  • 主催メディア:Think IT(シンクイット)
  • 応募期間:2009年11月13日(金)~2009年12月7日(月)
  • 予選期間:2009年12月26日(土)~2010年1月12日(月)
  • 日本予選表彰式:2010年2月予定
  • アジア決勝:2010年3月予定
  • コンテストサイト:http://www.thinkit.co.jp/maniax/3/
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

見出しタグ
HTMLで見出しに使われるタグ。見出しのレベルによって<h1>から& ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]