ホワイトスペースや大文字小文字の使い方

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「ホワイトスペースや大文字小文字の使い方」を公開しました。
みなさんこんにちは。

このコラムでは、PHP技術者認定試験(初級)の出題範囲の中から、「PHP初心者だった自分に教えたい小ネタや技術」を、全18回に渡って解説していきます。

第3回目のテーマは、『ホワイトスペースや大文字小文字の使い方』です。

ホワイトスペース

ホワイトスペースというのは、プログラムのコードを人間が読みやすいように整形するために使う、
次のような文字のことです。
「 」(半角スペース)
「 」(タブ)
「↵」(改行)

例えば以下のコードはコンピュータで難なく実行されますが、人間には読みにくい形になっています。
また、もし構文エラーが起きたとしても、「1行目でエラーです」と言われてはエラー箇所の見当が
付きにくいでしょう。

例1

<?php for($i=1;$i<=100;$i++){if($i%15===0){echo”FizzBuzz”;}elseif($i%5===0){echo”Buzz”;}elseif($i%3===0){echo”Fizz”;}else{echo$i;}echo”\n”;}?>

ホワイトスペースを使えば、以下のように見やすくコードを整形することができますし、エラー時に該当箇所を
発見しやすくなります。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/5324/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]