AWSのネットワーク-メールサーバ運用上の注意点-

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「AWSのネットワーク-メールサーバ運用上の注意点- 」を公開しました。
今回のテーマはAWS上でメールサーバを運用する場合の注意点です。「欲しいときにサーバがすぐ用意できる」「費用は使っただけかかる」というのがAWSをはじめとするIaaSのメリットですが、それゆえにスパムメール送信に利用されるケースが増えているようです。そのため、EC2からメールを送信すると、一部分の宛先(メールサーバ)では、スパムメール扱いされ、受信拒否されたり迷惑メールフォルダに振り分けられたりする事があります。このような事態を避けるための対策を解説します。

1.EIPがブラックリストに登録されている場合がある
 EIPを新規に取得した際に、そのEIPが過去にスパムメールの送信に使用され、ブラックリストに登録されていた、というケースがあります(※1)。事前にEIPがブラックリストに登録されていないかチェックをしておく必要があります。

私は主に以下のサイトでチェックをしています。ご参考までに。
http://www.spamhaus.org/lookup.lasso
http://www.mail-abuse.com/cgi-bin/lookup
https://www.senderbase.org/

※1:ブラックリストには/24などIPレンジで登録されるタイプのものもあり、そのEIP自体はスパムメール送信に使用されていなくても、ブラックリストに含まれてしまう場合があります。

2.EIPの逆引き設定
 メールサーバによってはDNS逆引き設定がない、正逆一致しない場合などにSMTP接続を拒否するケースがあります。また逆引きの結果(ドメイン)で拒否するケースもあるようです(※2)。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/columns/okita/okita06.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストラ
関連語 の「JPRS」を参照 ドメイン名の登録受け付けや支払いの業務を担当 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]