Rubyによるプログラミング例

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「Rubyによるプログラミング例 」を公開しました。
Inst. Tech Viewは、プログラミング言語Rubyについての話題です。

 突然ですが、AOJ(Aizu Online Judge)というサイトをご存知でしょうか。こちらは競技プログラミングのために会津大学が運営しているサイトです。こちらのサイトでは様々なプログラミングに関する課題が提示されており、お好きな課題を解いて結果を投稿することができます。

AIZU ONLINE JUDGE: Programming Challenge
http://judge.u-aizu.ac.jp/

プログラミングスキル向上のため、様々なブログでこちらの課題に取り組む記事が公開されています。

今回はこちらのサイトで公開されている問題をRubyで取り組んでみたいと思います。

Matrix-like Computation
http://judge.u-aizu.ac.jp/onlinejudge/description.jsp?id=0102

問題文引用:
以下の表のように、与えられた表の縦・横の値の合計を、それぞれの行・列で求め出力して終了するプログラムを作成してください。縦・横のデータ数は10以下とし、それぞれの数字は100以下の整数とします。 出力は右詰め5桁で出力してください。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/columns/inst/inst48.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

オーバーチュア
検索連動型広告(PPC広告)の「スポンサードサーチ」やコンテンツ/行動連動型広告 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]