Standard PHP Library(SPL) DirectoryIteratorクラス編

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「Standard PHP Library(SPL) DirectoryIteratorクラス編」を公開しました。

Iterator編、お次はDirectoryIteratorです。
長々とIterator編やってますが、もし「…あれ? いてれぇたぁって、なに?」と不安になった方は、一度コラム10「Standard PHP Library(SPL) イテレータ編 準備」をご覧になってみてください。

さて早速。
まずは「ごく簡単」なコードで確認をしてみましょう。

$dir = new DirectoryIterator(__DIR__);
foreach($dir as $info) {
echo $info->getFilename() , “\n”;
}

このコードは「プログラムファイルがあるディレクトリを基点にして、そこにあるファイル(ディレクトリ含む)を
一式出力する」コードです。

なお、並び順が「バラバラ」な人も多いかと思います(環境依存)。
UNIX系ですと「ls -U」と同じ並びになるかと思いますが、元々ファイルの一覧は「特に五十音順などには並んでいない」事も留意しておくと良いです。
いにしえのUNIXをご存じな方ですと「昔はlsって別にソートしてなかったしねぇ」とかいう懐かしい事を思い出せるかもしれません。

閑話休題

さて。「とりあえず一通り表示」はよいのですが、もうちょっと、小細工をした方が嬉しい瞬間も多々あります。
まずは「.」と「..」を取り除いてみましょう。
単純にstrcmpなどで確認をしてみてもよいのですが、こんなメソッドがありますので、ご紹介かてがて。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/489/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

オーガニック検索
検索結果ページに表示されるもののうち、検索連動型広告などの広告表示を除いた、いわ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]