クリエイターズマッチ、写真・動画などの制作物管理に特化したオンラインストレージ「AdFlow Library」を提供

サムネイル表示による視覚化、タグ情報による管理、利用期限設定など、クリエイティブ管理向け機能を搭載
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告制作サービスのクリエイターズマッチは、写真や動画などのクリエイティブ管理に特化したオンラインストレージサービス「AdFlow Library」を11月14日に提供開始した。

AdFlow Libraryは、同社の制作プロジェクト管理ツール「AdFlow」シリーズの1つとして、クリエイティブ管理に特化した機能を提供するサービス。ネット広告素材を制作・管理する広告主、広告代理店、クリエイターといった各社制作部門の管理工数の削減、共有などサポートする。

AdFlow Libraryのストレージに保存されたファイルは見える化(サムネイル表示)され、ファイルごとに情報を付与して管理することもできる。ストレージ上での動画再生、検索、ファイルごとの利用期間設定など、制作に役立つ機能も備える。また、ストックフォトサービスのアマナイメージズと提携しており、AdFlow Libraryの利用者は特別価格で素材を購入できる。

AdFlow Libraryの利用料金は、初期10万円・月額9,800円(税別)、標準1TBのストレージ・10ユーザーまで利用できる。


ファイルはサムネイル化されて視覚的に確認できる。サービス開始時点でjpeg/gif/png/pdf/tiff/ai/psd/eps/mp4/movに対応

ファイル1つひとつに情報を付与して管理できる。
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]