ヒーローは1人で良いのか!?CTRを28%向上させた効果的なヒーロショットの見せ方

ヒーローは1人で良いのか!?CTRを28%向上させた効果的なヒーロショットの見せ方

まずはこちらをご覧いただきたい。
http://skan.in/wp-content/uploads/2015/05/howto-heroshot1.jpg

この画像では、右の画像は女性の視線が左を向いています。
この時、人間の心理はどのようになっているのだろうか、ヒートマップを見てみるとわかりやすいです。
http://skan.in/wp-content/uploads/2015/05/howto-heroshot2.jpg

このように右の画像は女性の視線に沿って商品にもつながって動いていることがわかるのはないでしょうか。
出典:Get real focus from your customers – try something different from focus groups

もう1つ同じような事例を取り上げます。
もともと女性が視線をずらしていたものがありましたが、それを誇張したり、感情を露わにしたらどうCVRが変わるかというテストが行われました。
この結果、下記のように笑顔や驚きの表情をした方が数値が向上しています。
画像を変えるだけで大きく数値改善できることが、わかるのではないでしょうか。
出典:Eye Tracking studies can KILL conversions if you focus on the wrong things for your landing page optimization tests! - Landing Page Optimization Blog

ヒーローショッット7つのポイント

さて、ヒーローショットです。
元々は映画やドラマなどシリーズ物のなかで、ベストの画像やシリーズを表現する画像のことを意味します。
作成する際に気をつけるポイントとしては下記の7点があります。

  • 1. Keyword Relevance
  • 2. Purpose Clarity
  • 3. Design Support
  • 4. Authenticity
  • 5. Added Value
  • 6. Desired Emotion
  • 7. Customer "Hero"

さきほどの事例は、3点目のデザインサポートに当たります。
このデザインサポートは意識すると簡単に取り入れやすいものなので、今回はこちらを取り上げます。

続きは、下記で。
http://skan.in/2015/05/15/howto-heroshot-point1/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ディープリンク
WWW上でのリンクの張り方の1つ。サイトのトップページへのリンクではなく、個別コ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]