まずはこれだけ見ておけばOK!リードナーチャリングの全体像を理解するための9記事まとめ

複雑なBtoBマーケティングに欠かせない概念となったリードナーチャリングを学ぶのにおすすめの記事をご紹介させていただきます。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

BtoB企業には欠かせない「リードナーチャリング」。
言葉は知っているけど、どのようなものか詳しくは余りわからないという方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、手っ取り早くリードナーチャリングとは何かから具体的に何をすればいいのかを学べる、おすすめの記事をご紹介させていただきます。

 

そこで今回は、複雑なBtoBマーケティングに欠かせない概念となったリードナーチャリングを学ぶのにおすすめの記事をご紹介させていただきます。

 

ナーチャリングってそもそも何?

リードナーチャリングとは、見込み客(lead:リード)を育成 (nurturing:ナーチャリング)して受注に結びつけるプロセスの管理手法のことです。 対象とする見込み客は、直ぐに購入しようと思っているホットリードではなく、ちょっと興味・関心を持っていたり、情報収集段階のコールドリードです。 一般的にBtoBの商材は、商品単価が高く購買の意思決定までに時間がかかるので、見込み客を受注にまで導くには、中長期的な関係作りが重要となります。 このプロセスを「見える化」して効果的に進める手法がリードナーチャリングです。

引用: リードナーチャリング - Fujitsu Japan

それでは早速記事のご紹介です。

 
記事の続きはこちらからご覧ください。
まずはこれだけ見ておけばOK!リードナーチャリングの全体像を理解するための9記事まとめ

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UDRP
ICANNが1999年に採択した、ドメイン名の所有者と商標登録者との間の紛争を処 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]