Google アナリティクス4の「コンバージョン」は「キーイベント」に名称変更

Googleが提供する解析ツール「Google アナリティクス 4」で定義されていた「コンバージョン」が「キーイベント」という名称に変更される。

Googleが提供する解析ツール「Google アナリティクス 4(以下、GA4)」で定義されていた「コンバージョン」が「キーイベント」に名称変更される。

GA4のコンバージョンとGoogle 広告のコンバージョンを区別するため、GA4のコンバージョンをキーイベントに変更するという。Google 広告とGA4のコンバージョンの測定方法が異なり、Google 広告とGA4間で不一致が生じていた。その不一致を解消するために、双方のコンバージョンの定義を統一し、測定やレポーティングをシンプルにするためだという。

キーイベント:ビジネスにとって重要なアクションを測定するイベント。GA4でイベントをキーイベントとしてマークすると、そのアクションを行ったユーザー数やマーケティングパフォーマンスを評価できる

コンバージョン:Google 広告のパフォーマンスを測定し、入札を最適化するために使用される重要なアクション。「コンバージョン」の定義が統一されたことで、GA4で設定したキーイベントは、Google 広告でも同じ指標として測定可能になり、広告と解析の両方のプラットフォームで一貫したパフォーマンスを確認できるようになる

既存の設定に関しては、ユーザー側でなんらかの手を加える必要はない。Google 広告のコンバージョンは、GA4の[広告]セクションでコンバージョンとして表示される。一方、Google 広告で新規のコンバージョンを作成するには、GA4でキーイベントをマークし、Google 広告内でGA4のキーイベントに基づいたコンバージョンを作成する必要がある。

なお、これらの機能は段階的なロールアウトで、現時点ですべてのGA4で利用できるわけではないという。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]