子どもは何が「幸せ」と思っている? 親子1万3千人にアンケート【ベネッセ教育総研調べ】

住んでいる街、親、性別、成績、学校生活、勉強など、関係性のある/ない項目がハッキリと。

東京大学社会科学研究所とベネッセコーポレーションの社内シンクタンクであるベネッセ教育総合研究所は、「子どもの生活と学びに関する親子調査 2023」の結果を発表した。

2014年に共同研究プロジェクトとしてスタートし、同一の親子(小学1年生~高校3年生、約2万組)を対象に、2015年以降9年間繰り返して複数の調査を実施している。毎年1万人以上が回答しており2023年の回答数は13,201人(小1~小3は保護者のみ回答)。

親が幸せだと子どもも幸せ、子どもが幸せだと親も幸せの好循環

まず「自分は今、幸せか」「自分は将来、幸せになれるか」を聞くと、いずれも「とてもそう思う」が約3割、「まあそう思う」が約5割、「あまり+まったくそう思わない」が約2割だった。年齢が上がるほど「とてもそう思う」が減少する傾向が見られる。

ここから分析のため「幸せ実感得点」を算出。「自分は今、幸せだ」「自分は将来、幸せになれる」の2項目について、「とてもそう思う」4点、「まあそう思う」3点、「あまりそう思わない」2点、「まったくそう思わない」1点として、要因ごとに回答を集計し、合計点で「幸せ高群」「幸せ中群」「幸せ低群」の3つに分けた。

その結果、「自治体の人口規模」「世帯収入」「父親の教育年数」「母親の教育年数」「保護者との会話量」「子どもの性別」「子どもの成績」と幸せ実感に関連はなかった。

一方「保護者の幸せ実感」「保護者の教育的な働きかけ」「子どもの学年」「学校生活の状況」「友だち関係の状況」「学びの状況」「自己に関する認識」といった要因は、幸せ実感得点との関連がみられた。

たとえば、「保護者の幸せ実感」において、保護者が「幸せ高群」の子どもは5割が「幸せ高群」だったが保護者が「幸せ低群」だと「幸せ高群」の子どもは2割にとどまる。また同じ親子を3年おきに6年間追跡調査したところ、保護者の幸せ実感が3年後の子どもの「幸せ実感」に影響するだけでなく、子どもの「幸せ実感」が3年後の保護者の幸せ実感に影響しており、相互に幸せを感じるようになっている。

学校生活の状況では、「授業が楽しい」を肯定する子ども(肯定群)は「幸せ高群」が43.2%であるのに対して、否定する子ども(否定群)は20.4%と20ポイント以上の差がある。「尊敬できる先生がいる」「自分の学校が好きだ」でも同程度の差が見られた。

「自信」「粘りづよさ」「挑戦心」など、自己に関する意識も幸せ実感と関連していた。

調査概要

  • 【調査対象】全国の小学1年生~高校3年生の子どもとその保護者
  • 【調査方法】Web調査
  • 【調査時期】2023年7月~9月
  • 【有効回答数】13,201
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]