消滅する子どもの「読書」、読書時間1日あたり「ゼロ」が約半数の衝撃【ベネッセ教育総研調べ】

不読は悪影響? ニュースへの関心、自信、将来の目標などの肯定率が低い。

ベネッセ教育総合研究所は、「子どもの読書行動の実態」に関する調査結果を発表した。同研究所と東京大学社会科学研究所が共同で実施した「子どもの生活と学びに関する親子調査」「子どものICT利用に関する調査2023」の結果について、読書行動に焦点を当てて分析した内容だ。

子どもの読書時間の実態、学年・性・成績による違い、読み聞かせの影響、各メディアの利用時間、経年変化、紙版・電子版の利用差などについてまとめられている。調査対象は、小学4年生~高校3年生の子どもで9,182人が回答している。

読書時間は二極化、学年が上がるにつれて「0分」が増加

まず「平日(1日当たり)の読書時間」を聞くと、全体の49%が「読書はしない=0分」だった。次に多いのは「30分」で、二極化の状態が推察できる。なお、蔵書数が多い、親が読書を勧めているなどの家庭ほど、当然ながら子どもの読書時間は長かった。

また学年別では、学年が上がるにつれて「0分」が増加していることも明らかとなった。

平均の読書時間で見ると、小学1年生の読書時間は「14.5分」だが徐々に増加し、小学6年生の「19.2分」でピークを迎え、その後は減少が続き、高校3年生では「平均11.6分」まで減少している。

性別では男子の53.1%、女子の45.1%が「0分」と回答しているが、学年段階があがり高校生になると、ほぼその差はなくなっていた。

希望進路別では、「大学・大学院まで」を希望する子どもに読書時間が長い傾向が見られた。ただしこの傾向は小・中学生は顕著だが、高校生にはない。こうしたことから“本を多く読んでいた女子や大学・大学院希望者でも、高校生になると読書離れしてしまう”と言えそうだ。

「子どもが経験していること」と読書の関係性を見ると、本を読んでいる子どもほど「文化体験」「調べる活動」などを多く行っている。これも高校生になると差は縮むが、多読層(1時間以上)ほど「美術館や博物館に行く」「無理だと思うようなことに挑戦する」が不読層(0分)・中間層(5分~1時間)より高い。

一方で「ニュースへの関心」「自信」「将来なりたい職業」などの項目を見ると、不読層は小中高どの段階でもやや低い。高校生だとどの項目も中間層がもっとも高い。これらはあくまで相関のため直接的な因果関係は不明だが、興味深い結果と言える。

さらに「読書時間の経年変化」を見ると、読書時間は減少傾向があるが、もともと小学1年生時点で読書時間が長い子どもは、その後も継続して多く読書することがわかった。なおテレビ、パソコンやスマホの利用時間を見ると、電子メディアの時間が大きく増加しても、読書時間は微減にとどまると考えられる。

電子書籍については全体の2割、電子コミックは3割強が利用。学年が上がるとともに、電子書籍は緩やかに、電子コミックは大きく増加していた。

調査概要

  • 【調査対象】小学4年生から高校3年生までの子ども
  • 【調査方法】調査依頼は郵送で実施、回収はWeb
  • 【調査時期】2023年2~3月
  • 【調査数】発送数15,087、回収数9,182(回収率60.9%)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]