最も平均年収が高い業界は「商社」で954.8万円。コンサルや不動産を上回った2位・3位は? 【SalesNow DB調べ】

上場企業における業界別平均年収ランキングTOP10を発表。

SalesNowは、国内540万社の企業情報を網羅した日本最大級のデータベース「SalesNow DB」をもとに、上場企業における業界別平均年収ランキングTOP10を発表した。

業界別平均年収ランキング、2位「エネルギー」3位「通信・PC」

業界別平均年収ランキングTOP10

業界別平均年収ランキング1位は「商社業界」で、平均年収は954.8万円、上場企業社数は170社と圧倒的。三菱商事、三井物産、伊藤忠商事がトップ3にランクインした。

2位は「エネルギー業界」で平均年収は830.7万円、社数は57社。コスモエネルギーホールディングス、三井松島ホールディングス、ENEOSホールディングスが上位となった。

3位の「通信・PC業界」は平均年収820.3万円で、社数は32社。ソフトバンクグループ、日本電信電話、KDDIが名を連ねた。4位以降は「コンサルティング業界」「建設業界」「生活用品」「不動産」などが続いている。

調査概要

  • 【調査期間】2023年1月29日 - 2024年1月29日
  • 【備考】SalesNow DBでは、各業界のカテゴリを「メイン業界」「サブ業界」に区分し、今回は「メイン業界」を抽出しランキングを作成。商業登記や不動産登記、税務署の公示データ、官報公告記事、官公庁企業で公開されている情報や、ホームページやSNSで自ら公開している情報をもとにデータを抽出。
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]