ミドル世代の平均年収は「400万円~599万円」が最多。最も給与が高い職種は? 【MS-Japan調べ】

30~40代の転職希望者を対象に、年収や職種・資格等を調査。

MS-Japanは、「ミドル世代の雇用実態レポート」を発表した。30~49歳の転職希望者をミドル世代と定義し、現年収の平均や職種について調べている。

最も平均年収が高い職種は「監査法人」で928万円

【全エリア・職種】ミドル世代の現年収

調査によると、ミドル世代の平均年収は523万円。そのうち最も多いのは「400万円~599万円」の層で、39.0%を占めていた。

【エリア別】ミドル世代の現年収

エリア別でみると、首都圏の平均年収は563万円だったのに対し、東海・関西圏は451万円と、約112万円の差が見られた。

【職種別】ミドル世代の現年収

職種別でみると、最も平均年収が高かったのは「監査法人」で928万円。その他「コンサルティングファーム」「経営企画」「法律事務所」など専門知識が求められる分野の給与が高い傾向だった。

ミドル世代が所持している資格

また、ミドル世代が所持している資格を聞くと、普通自動車免許の次に多かったのは「日商簿記2級」で、31.4%にのぼった。

調査概要

  • 【調査対象】2023年1月~2023年6月に人材紹介サービス「MS Agent」に登録のあった30~49歳の転職希望者
  • 【調査主体】MS-Japan
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]